物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる男性ミニマリスト系ブログ。断捨離の記事もそこそこ。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

ミニマリストは少ないお金で暮らせない

      2015/12/18

519ec03da785364bd16e85269b4d78f8_s

時々目にするのですが、「ミニマリスト=少ないお金で生活する」というイメージを持って、ミニマリストを目指すかたがいらっしゃるようです。

しかし、残念ながら、多くの場合、ミニマリストと「少ないお金で生活」はイコールで結ばれる関係ではありません。むしろ、真逆の価値観だといってもいいくらいです。

カテゴリエラーは、両者にとって悲劇を生みます。

そこで、今日はどうして「ミニマリスト=少ないお金で生活する」が成り立たないのか書いてみようかと思います。

非所有、だけど非消費ではない

アウトソースという価値観

まず、ミニマリスト(最小限主義者)の原則は物を持たないことです。つまり、非所有です。

物を持たないために、ミニマリストは心血を注ぎます。物を持たないためなら、ミニマリストはお金に糸目をつけません。そして、最も簡単にミニマリズムを体現する手段はアウトソースです。

要は、全てを外食で賄い、移動をタクシーで賄い、暮らしをホテルで賄えば、それらを所有する必要はないわけです。コインランドリーを使えば洗濯機はいりません。もっといえば、一度着た服は端から捨てて新しい服を買い直せば、所有する服は常に着ている一着だけです。

決して大げさな話ではないから、驚き

これらを実現するためには、当然お金がかかります。そして、びっくりすることに、上記の例は決して大げさな一例ではなく、ミニマリスト系スタイルのデファクトスタンダードなのです。

あなたが「少ないお金で生活する」ことを目的として、ミニマリストを志した場合、何度となくこの価値観と遭遇し、面食らうことになるでしょう。

ミニマリストには何故かガジェット好きが多い

ミニマリストには、何故かガジェット好きが多いです。もっといえば、apple信者含有率が非常に高いです。

最新のガジェットを買えば、当然お金がかかります。そして、生きている限り、最新のガジェットは出続けます。前買ったガジェットは? 当然捨てるのです。あるいは、誰かに譲り渡したり、寄付したりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガジェットに限らす、ミニマリストには投資好きが多い

これは当然といえば当然ですが、少ない所有で賄う以上、ミニマリストは機能性を追求します。あるいは、美観を追求するかたもいます。どちらにしても「持つに足る」価値を追い求めるのです。

結果、ミニマリストは「持つに足る」出会いのための投資を惜しみません。機能は科学の進歩と共にアップグレードが必須であり、美観は年月の経過と共に世代交代を必要とします。

節約型のミニマリストもいるにはいるが…

「少ないお金で生活する」を実現しているミニマリストもいらっしゃいます。たとえば、先日バズった「物を持たないミニマリスト」さんの記事「なぜ億万長者の一流メジャーリーガーが月8万円で車上生活をしてるのか?」に登場するダニエル・ノリス氏は、ほとんどお金というものを使わず、月8万円程度で生活しています。

しかし、これは幸運な着地点です。

氏はミニマリストを目指して、この結果に至ったわけではないでしょう。氏のライフスタイルが偶然ミニマリストに合致し、「少ないお金で生活する」に合致したにすぎません。

節約が目的なら、ミニマリストはカテゴリエラー

僕は、別に節約型のミニマリストを否定しているわけではありません。そういうかたがいらっしゃるのは事実ですし、当ブログでも過去に分類記事を書いたことがあります。

ただ、もし「少ないお金で生活する」を目的とするなら、ミニマリストを入り口とするのはとても無駄が多いと思うのです。

よけいな価値観までついてくる

少ないお金を至高とするなら、「投資」も「アウトソース」も余計な価値観です。そもそも根本となる「非所有」の価値観すらノイズとなるかもしれません。そこには、目的のすりかえが起こっているからです。

「非所有」ではなく「非消費」を求めるべきです。

もっと即効性の高いワードをオススメ

なので、純粋に「少ないお金で生活する」を求めるのであれば、検索ワードを変えることをオススメします。「断捨離」「節約」「Bライフ」――もっと即効性のあるワードはいくらでもあります。流行に乗せられず、調子のいい言葉に惑わされず、自分の目的と本当に合致するかよく考える必要があります。

それでもミニマリストは楽しい

ミニマリストと「少ないお金で生活する」は、イコールで結ばれません。

その上であえていえば、それでもミニマリストは楽しいです。ミニマルであることは、シンプルで自由だからです。

所有するものはわずかで。あるのは自分だけで。その分、世界は広大です。

あなたの思う以上にお金がかかるかもしれません。触れている内に感化されてしまい、節約とは縁遠い着地点に辿り着くかもしれません。

それでも、もしあなたがそれを望むのなら、誰もあなたがミニマリストになることを止めることはできません。まだ極限に辿り着いていない僕も、同行者の存在をうれしく思います。――ようこそ、こちら側の世界へ! お互い歩けるところまで歩ける範囲でラフに歩いていきましょう。

他にも色々書いてます

 - ミニマリスト

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログへ

にほんブログ村に参加しています。この記事が一番当てはまるジャンルをお選び下さい

  あわせて読みたい関連記事

Comment

  1. より:

    サイトを紹介してもらいありがとうございます。
    この記事の通りだと思います。
    ミニマリスト生活は楽しい!
    これに尽きると考えています。
    これからもよろしくお願いします。

    • ないなり より:

      コメントありがとうございます。
      物を持たないミニマリストさんは、よく読ませていただいております!
      僕自身はまだまだミニマリストとはいえませんが、今現在、この道を歩くことがとても楽しいです。
      こちらこそ、よろしくお願いします!

  2. […] ないなりさんの『ミニマリストは少ないお金で暮らせない』という記事。この記事はものすごく説得力があった。ほぼすべての内容について、同意せざる得ない。 […]

  3. […] このことは、「物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。」のないなりさんも、触れている。『ミニマリストは少ないお金で暮らせない』という記事の中で、下記のように書かれている。 […]

  4. […] 2015年9月4日 たとえば、先日バズった「物を持たないミニマリスト」さんの記事「なぜ億万長者の一流メジャーリーガーが月8万円で車上生活をしてるのか?」に登場するダニエル・ノリス氏は、ほとんどお金というものを使わず、月8万円程度で生活しています。 「少ないお金で生活する」を実現しているミニマリストもいらっしゃいます。 なので、純粋に「少ないお金で生活する」を求めるのであれば、検索ワードを変えることをオススメします。 要は、全てを外食で賄い、移動をタクシーで賄い、暮らしをホテルで賄えば、それらを所有する必要はないわけです。 [引用元] ミニマリストは少ないお金で暮らせない – 物を捨てきれないなりにミ… […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

▼コメント欄を開く