物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

男性ミニマリスト系ブログ。部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる。断捨離・節約も。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

【写真あり】電気シェーバーをBESTOPE 8 in 1に買い替えたら、とても快適だった話。

      2017/11/27

    とある男性ミニマリスト志向者が「捨てなくてよかったぁ」と思ったアイテム2つ。
    男性ミニマリスト志向者が贈る、今年買って「よくなかった」アイテム8選 (2017年版)
    スマホでマルチウインドウを実現する方法(android7.0~)
    書き殴ったら床が紙で散らかった!どこのご家庭にもあるアイテムを使って、収納問題を解決。
    とにかく書き殴れ!デジタルよりコピー用紙が優れている7つの理由。
    ミニマリスト志向の僕が、電子レンジと冷蔵庫を買い直したシンプルな理由。(と、多少のおすすめレビュー)
    ミニマリスト的オススメ!世界最小の財布abrAsus (アブラサス)の驚異的な使い勝手を感想レビュー
    【2017.12.11追記】探しにくい?だから、まとめました!男性ミニマリスト系ブログ10選

 

ないなりです。

突然ですが、僕はメンズです。メンズの端くれとして、髭が生えます。髭が生えるので、いわゆる電気シェーバーで毎日剃っています。電気シェーバー? メンズシェーバー? 電動カミソリ? ナウでヤングな呼称がわかりませんが、まあいいです。とにかく、その電気シェーバーを買い替えたので、記事にしてみたいと思います。

カミソリよりも電気シェーバー派

カミソリ+付属物より、電気シェーバーの方がミニマルに感じる

男性ミニマリストの中には、カミソリを愛用しているかたも多いかと思います。カミソリ一本と電気シェーバーを並べれば、どちらがよりミニマルかは一目瞭然です。

でも、僕は電気シェーバー派です。何故かというと、カミソリは、確かに単体なら電気シェーバーよりミニマルなのですが、付随してくる色々なものがわずらわしく感じるからです。

カミソリはストックしなくてはいけない

たとえば、カミソリは結構な頻度で交換しなくてはいけません。そのため、何本かセットで売られていることがよくあります。つまり複数本ストックしなくてはいけなくなり、所有がかさみます。

カミソリはジェルやタオルが必要になる

また、カミソリは、肌を傷つけないためのジェルやタオルを別途用意しなくてはいけません。うまい人は違うのかもしれませんが、僕は五枚刃を使っても、少し血がにじんでしまいます。そのため、血で汚れてもいいよう、専用のタオルを用意しなくてはいけません。

電気シェーバーなら、自室でだらだら剃れる(大事)

あと、ズボラな筆者にはとても大事なことですが、部屋で寝転がったり、ぼーっとしている時に、ふっと髭を剃るということかできません。僕は、もっと余計なことを考えず、ボタンをポチったら、すぐ髭を剃れる方がよいのです。

今までは、Braun 340sを使用

そういうわけで、電気シェーバーを使っています。

今までは、電気シェーバーとしては大手のBRAUNを使ってきました。結構昔に買ったものなので、型は古いのですが、問題なく剃れます。

 

↑使用していたbraun 340s。シリーズ3対応

僕の購入モデルであるbraun 340sには「キワゾリ刃」というバリカンがついていて、モミアゲの手入れもできるという2in1仕様でした。多機能でお気に入りだったし、その気になれば、刃の付け替えは必要なものの、あと二年でも三年でも使用に耐えうると思われました。

ぐるぐるカールコードが微妙だった

にもかかわらず、買い替えようと思った理由は、ずばりコードです。

braunのコードは、黒電話についているようなぐるぐるコイル状のコードだったのです(余談ですが、こういうコードをカールコードというらしいです)。僕は、このコードがどうも気に入っていませんでした。思うように伸びてくれないし、曲がってくれないし、外れるし。何故電気シェーバーのコードは、カールコードなのかと小一時間問い詰めたい。

 


↑Braun 340sのカールコード

microUSB端子で充電したい

どうせなら、このご時世、電気シェーバーもmicroUSB対応でありたいものです。microUSBで充電できるのであれば、既存の充電コードとコードをシェアできるというメリットもあります。素晴らしい。

たどりついた答えがBESTOPE 8 in 1

というわけで、あれこれ探したところ、めっちゃいい電気シェーバーを見つけました。

それがこちら、BESTOPE 8 in 1です。

 

↑BESTOPE 8 in 1

購入してみた

実際に注文してみました。届いたのが、こちら。

 

海外製なためか、外装の派手さに文化の違いを感じる……。

いや、こんなことにビビっている場合ではない。実際の性能面は申し分ありませんでした。というわけで、以下で、僕がBESTOPE 8 in 1に感じた魅力を解説していきたと思います。

BESTOPE 8 in 1のここがいい

microUSB対応

BESTOPEは、本体コードレスでmicroUSBに対応しています。つまり、この時点で僕の要件を満たしていることになります。(僕は既に持っているので不要ですが、一応USBコードも付属しています)

更に一回充電すると120分持つそうです。電気シェーバーなど、一回の利用で何十分も使うようなものではないですから、一回利用5分として、約三週間はもってくれる計算になります。

脅威の8in1

なによりのBESTOPEの魅力がこれ。8 in 1です。Braunの2 in 1どころの騒ぎではありません。いわば別々に買えば8台必要なところが、これ1台に詰まっている形になります。とてもミニマル。

注意すべきは、多機能の文句に踊らされて、本来不要な機能部品まで購入することです。それはバーゲンセールで不要なセーターを買うようなもので、全然ミニマルじゃないと思います。

ただ、BESTOPE 8 in 1に関しては、どの機能も僕の要望にマッチしていました。というか、多機能電気シェーバーの中から、自分の要件にマッチする多機能シェーバーを選択したという方が正しいです。

バリカン機能

8 in 1と聞くと恐れ入ってしまいますが、とはいえ、ガチで別々の8機能が詰まっているのかというと、そうではないです。BESTOPEの機能のほとんどは、バリカン機能に集約されています。バリカンの長さを可変させるアタッチメント機能です。3mm、6mm、9mm、12mmの中から選ぶことができます。

これが個人的にすごく惹かれました。

実は、最近、ずっとバリカンがほしいなぁと思っていたのです。

横髪をメンテしたい

現在、僕は月に一回くらい近所の1000円カットで髪を切っています。髪型は、いつもちょっと長めのスポーツ刈りで、横と後ろをバリカンで上まで刈りあげてもらっています。なのですが、横の髪は伸びるのが早く、二週間目、三週間目くらいになると、既にボリュームが目立ってきてしまって、見目がよろしくありません。

完璧に自分で散髪して床屋代を浮かせたい~とまではいきませんが、真っ先に目立ってくる横髪を、気になったタイミングで、気軽に家でメンテできたらな~と思っていました。そのために、バリカンの購入を考えていたのです。

(まあ、あわよくば自分でフル散髪…という野望がないわけでもないですが、ひとまずは自宅メンテができれば満足です)

バリカンは、長さ調節できるものを選べ

いくつかセルフ散髪している人の記事やスレを見てみたのですが、そこでよく言われていたのが「バリカンは、なるべく長さが調節できるものを買え」というアドバイスでした。BESTOPEは3、6、9、12mmで調節できるので、かなりいいなと思いました。

ノーズトリマー

ノーズトリマーだろうが、ノーズカッターだろうが、どっちでもいいんですが、要するに鼻毛切りです。現在、僕は現在別に鼻毛切りを所持しているので、そちらを断捨離してBESTOPEに集約すれば、モノがひとつ減るなと思いました。

ただ、買ってみて誤算だったのが、BESTOPEのノーズトリマーは、安全のためか刃がかなり奥についているということでした。ノーズトリマーとしては問題ないですが、たとえば頬のうぶ毛や眉毛のトリムはできません。全ての細かい毛を、これ一本でトリム!というわけにはいかないのです。(工夫すれば何らかやりようがあるような気もするのですが…。考え中です)

髭シェーバー

そして、そもそも今回買い替える主目的だった髭シェーバーも問題なく使えます。

3~5枚刃が謳い文句のBRAUNに比べれば、多少剃り心地では劣りますが、一方でジェル不可避というほど粗くもありません。僕は肌が弱くてカミソリで剃るとすぐ負けてしまうのですが、BESTOPEの電動シェーバーではそういうこともありません。及第点といえます。

水洗いできる

BESTOPEの電気シェーバーは、ヘッド部分を水洗いすることができます。注意なのは本体部分は防水仕様ではないので、BRAUNのように丸洗いはできないということです。

本体が防水ではない=風呂場でシャワーを浴びながら使うことはできないということなのですが、BRAUNを持っていた頃から、お風呂場で髭を剃ったことなんて一度もなかったので、自分の場合は無問題です。ヘッドが洗えるだけで充分です。

圧倒的に安い

BESTOPEの電気シェーバーはとにかく安いです。僕が購入した時で、お値段2700円弱。BRAUNの替え刃より安いです。最初見た時は、え、こんな機能詰め込んでてその値段でいいの?と思いました。

実際に届いて使ってみるまでは、安かろう悪かろうの線を疑っていましたが、そんなこともありませんでした。あとは耐久性とか、アタッチメントだけの部分購入とかできるのかな…という点が若干不安ですが、そもそもBRAUNの替え刃より安いので、もしなくしたり壊れたりしたら、替え刃を買う感覚で、本体ごとまるっと購入し直しちゃえばいいやと思います。

かっこいい

かっこよさ大事です。毎日使うものですし。

というわけで、付属の台座にセットしてみた写真がこちら。

 

so coooooooooooooooool!!!!

いいんじゃないでしょうか、いいんじゃないでしょうか。少なくとも、僕は満足です。満足じゃないのは、自分の撮影技術くらいです。BESTOPE 8 in i いい!

まとめ

というわけで、BESTOPE 8 in 1 電気シェーバーは僕にとって非常にいい買い物でした。

8 in 1を超える電気シェーバーもある。その名はacoco

余談ですが、この記事を書くためにamazonを見ていたら、BESTOPE 8 in 1を更に超える電気シェーバーを見つけました。

それがこちら、acocoの12 in 1 電気シェーバーです。


↑ACOCO 12 in 1

12 in 1って…。もう、ここまでくると何でもアリですね。

お値段も手ごろで、梳きバサミ、ライン剃り用アタッチメント、ボディトリマーアタッチメントも付属していて、BESTOPEの順当進化というかんじがします。microUSBにも対応している模様。ただ、水に弱いようで、水洗い不可なので、そこをどう見るかですね…。

ひとまず、自分はBESTOPEで当座満足しているので、このまま行こうと思います。

お子さん・旦那さん・彼氏さんの散髪にも便利かも

このブログのメイン読者層である女性陣にあまりにも刺さらない、ひたすら自分のための記事を書いてしまったというえもいわれぬ罪悪感から、一応の補足です。

BESTOPEとかACOCOは、たとえば、子どもやパートナー男性の頭を刈るのにも便利なんじゃないでしょうか。せいぜい2000~3000円の買い物ですから、子どもやパートナー男性の散髪代を切り詰めたい・節約したいというかたは、普段普通の床屋に行っているなら一ヶ月で、1000円カット組なら三ヶ月くらいでモトがとれる計算です。

僕は、早速横髪を剃って、自分の髪形をなんちゃってツーブロック風に仕上げてみたりしました。簡単でした。後ろ髪は、失敗が怖くて手をつけられてないですが、慣れてきたらいずれ…というかんじですが、他人の髪の毛なら、特に難しいこともなく刈れると思います。

お試しあれ。

 




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ ↑他ミニマリストたちの生息地

最近書いた記事とか

他にも色々書いてます

 - ガジェット(スマホ・PC), ミニマリスト

反応・感想・リクエスト等お待ちしております。

Loading Facebook Comments ...

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)