物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

男性ミニマリスト系ブログ。部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる。断捨離・節約も。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

自転車屋に自転車を持っていって、知識=お金だということを実感した話。

      2018/01/11

    「バルス」の呪文は何故あんなに短いのか!?滅びの呪文の謎に迫る!!
    【NEW】ブログやサロンやコンサルで収益化しようとするのは、他に技能がないから。
    自転車のハンドルがぐらつくと思ったら、それどころではなかった話。
    壁に穴を空けずにHTC VIVEのモーショントラッキングセンサーを設置する方法。
    やってみた!「死ぬまでに読むべき小説1000冊」で実際に読んだ本たち
    成功させたい!100人規模のイベント主催者が大切にしているシンプルなコツ
    ないなり氏、amazon mastercardゴールドを手に入れる。
    やりたいことを、やるために。時短施策の効果を計算する。

 

ないなりです。

以前、こんな記事を書きました。

自転車のハンドルがぐらつくと思ったら、それどころではなかった話。

折り畳み自転車のねじが抜けて、ハンドルがめちゃめちゃぐらつくので、自分でねじを締めてみたという記事でした。

 

お高い自転車なので、ちゃんとメンテしてあげるべきなんでしょうけれど、その辺りの知識がさっぱりです。うまいこと直ってくれたらめっけもんくらいの気持ちで、セルフ修理してみたのですが、やっぱり駄目でした。ハンドルぐらつき解消せずです。

なので、当初のB案、自転車屋さんに持ち込むことにしました。

 

結果、直りました。

結論がお粗末なんですけれど、締めるねじを間違えていたみたいです。

 

自分が締めたねじはこちらです。

 

でも、DAHONのqixの場合、ハンドルの締め付けを制御しているねじはこちらなのだそうです。なんてこったい。(画像粗くて、すみません)

 

更に、ブレーキが緩んでいたので、それも直してもらいました。ついでに各所に油差してもらいました。ブレーキと、油差しと、ハンドルのぐらつきも込みで、お値段2500円でした。

ブレーキも油差しもハンドルのぐらつきも、知っていれば自分でできそうな作業です。特にハンドルなど、締めるねじを知っていれば一発です。知識というのは、お金を生むのだなと思った日でした。

ともあれ、これでまた自転車ライフを満喫できます。

 

(追記)

と思っていたら、今度は後輪がパンクしましたああああああ!

ないなりの自転車修理の旅は、つづく。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ ↑他ミニマリストたちの生息地

最近書いた記事とか

他にも色々書いてます

 - イラスト, 雑記

反応・感想・リクエスト等お待ちしております。

Loading Facebook Comments ...

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)