物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

男性ミニマリスト系ブログ。部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる。断捨離・節約も。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

「 マキシマリスト 」 一覧

あなたはどうだった?自分は意外にミニマリスト適性があったかもしれない話

僕は、元マキシマリストを自称しています。

ですが、いざブログを始めて、周囲のブログを見て回りますと「あれ、これなら(マキシマリスト時代の)僕のほうがミニマルなのでは?」と思う局面が多々ありました。

もちろん、一人暮らしと家族同居の場合を一概に比較できないように、どこで線を引くかはケースバイケースです。が、当初思っていたより、自分はミニマリスト・シンプルライフ適性が高かったのかもしれません。

今日は、そんな自分がマキシマリスト時代から体現できていたミニマリスト・シンプルライフっぽさを、振り返りがてら、まとめてみたいと思います。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

なんでこんなに物が多いの!?ミニマリストがイライラせずに家族とつきあうには

帰省のシーズンが訪れると、ミニマリズム・シンプルライフに傾倒する人々は、えてしてひとつの問題に直面します。それは、帰省先の実家のマキシマムさとそこに暮らすマキシマリストたちとの間の対立です。

物に溢れた実家や、そこに暮らす人々のマキシマリズム的思考、くわえて年末年始ですと、初売りに始まる物品購入に、イライラしてしまうミニマリスト・シンプルライフ志向者は意外に多いようです。

ただ、今のところ、自分はこのようなイライラとは無縁の正月を過ごせています。

何故物の溢れた我が家を見ていて、イライラせず、干渉せず、平静でいられるのだろう? 今回は、「物に溢れた実家でイライラしない考え方」について、自分なりに自己分析してみたいと思います。

>> 続きを読む

僕がミニマリスト的価値観に目覚めたとってもマキシマリズムなきっかけ。

今回は、自分がミニマリストを目指そうと思った理由、つまりミニマリズムに目覚めた経緯について書きたいと思います。

ブログを長くやっていこうと考えた時、自分の成り立ち、背景がはっきりしていることは、大切です。特に、僕の場合、自分がミニマリズムに目覚めた経緯と「物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す」というこのブログの指向性は、陸続きになっているので、なおさらです。

というのも、おそらく稀なパターンかと思いますが――僕は所有することによってミニマリズムに目覚めたからです。

>> 続きを読む