物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

男性ミニマリスト系ブログ。部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる。断捨離・節約も。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

電書派?紙派?kindleで四コマ漫画を買ってみたら意外によかった話

      2015/04/01

    やってみた!「死ぬまでに読むべき小説1000冊」で実際に読んだ本たち
    「読む本だけを買え」それでも買ってしまうあなたに捧ぐ逆転のkindle術
    windowsユーザ待望!縦書き対応アプリ「Kindle for PC」ついに登場
    結局どっちがお得なの?旧作漫画はkindleより自炊がいい2+1の理由

 

今まで漫画は物理派だったのですが、先日、はじめてkindleストアで四コマ漫画を買ってみたら、意外によいなと感じました。というわけで、以下、kindleストアで四コマ漫画を買ってみた所感についてレポートしてみたいと思います。

もともと漫画は物理派

どんどん本を手放し、電書に移行しつつある自分ですが、漫画に関しては、今でも紙媒体が中心です。その理由は、電子書籍で漫画を読む場合、次のような点がネックになると考えているからです。

縦長画面では見開きコマ割りに対応できない

※実際に体験できているわけではないので、この項目はあくまで予想となります。

漫画の神様、手塚治虫が開拓したフレキシブルでダイナミックなコマ割りは、もはや日本の文化といってもよいでしょう。見開きコマ割りは、漫画の大きな魅力です。

しかし、電子端末を縦持ちで閲覧した場合は、一ページ表示になってしまいます。一ページ表示では、当然のごとく見開きコマに対応できません。かといって、既存のkindle端末は、横持ち二ページ表示するにはやや小さい気がします。

自分は、おもとしてandroid端末(GALAXY S2)とwin8タブレット(ASUS TransBook T100TA)を使ってkindleを利用しています。前者はkindle for android、後者はkindle cloud readerからの閲覧です。

ASUS TransBook T100TAの画面サイズは10.1インチですが、それでも見開き2ページ表示は小さく感じます。サイズ的には、紙媒体とほぼ等価のはずなのですが。多分、紙媒体の場合は、本に目を近づけることができるからだと思います。電子端末なら、目を近づけるよりは、ズームしたくなります。しかし、いちいちズームするのは、しんどいです。

寝る前に電子端末画面は見たくない

自分が漫画を読むシーンは、ほとんどの場合、布団で横になりながらです。快適な睡眠導入の一助として、漫画を読むことでリラックスタイムを作っています。

睡眠導入が目的なので、発光する画面を寝る前に見たくありません。目が冴えてしまうからです。とはいえ、これは、電子インクを採用しているkindleペーパーホワイトや、kindle voyageを買えば解決する話かもしれません。

寝落ちが怖い

万一、寝落ちしてしまった場合、電子端末には不安があります。

仮に寝相によって書籍を下敷きにしてしまった場合、紙媒体なら「あー、折り目ついちゃったー」で済みますが、二つに折れた電子端末が再び起動する可能性はゼロに等しいです。また、変なボタンを押してしまう誤操作も怖いです。

見つからない&どうしても今読みたい⇒kindle

そんな「漫画は紙媒体」の自分が、今回kindleで漫画を購入したのは、「見つからない&どうしても今読みたい」という気持ちが「紙媒体主義」より勝ったからです。通販による1~2日のタイムラグも待てませんでした。

やはり、ワンクリックで買えて、ワンクリックで読めるkindleのアドバンテージは大きいということでしょう。

四コマ漫画なら、kindleでもいいかもしれない

しかし、実際に買ってみると「意外に四コマ漫画ならkindleでいいかも」と思うようになりました。

見開き画面がほぼない

これです。これが一番大きい。

四コマ漫画はほぼ固定フォーマットであり、見開きコマがほとんどありません。たまに発生する変則コマも、ほぼ一ページ内でおさまってしまいます。

一ページ内で情報が完結するのであれば、縦持ち電子端末でも何ら問題がありません。むしろ、縦長の四コマ漫画は、縦持ちと相性が良いと言えます。

隙間時間の読書に親和性高し

僕のkindle利用は、ほとんどの場合、電車通勤中や待ち合わせ中などの隙間時間です。この隙間時間に読む本として、四コマ漫画は非常に親和性が高いです。

もともと考えていた読み方ではありませんが、ちょっとした暇つぶしに数冊四コマ漫画を端末にしのばせておくのはアリかもしれません。

ただし、読みやすすぎて他読書に支障を来たすおそれも

ただ、「考えていた読み方ではない」ということは、もともと隙間時間に読むつもりで買った本たちの中に四コマ漫画が割り込むということです。

四コマ漫画の読みやすさははんぱないので、油断していると、四コマばかり読んでしまって、隙間時間用の他本を積んでしまう危険性があります。気をつけたいものです。

まとめ : 魅力を感じつつも、当分漫画kindle移行はない

今回実際にkindleストアで購入してみて、「意外にkindleで四コマ漫画アリかも」と思いました。

しかし、もうしばらくは、紙媒体のkindle移行はないだろうと思います。発光画面と寝落ちのリスクはまだ健在ですし、自分はそもそもそんなに四コマ漫画を買いません。隙間時間用の漫画本は数冊もあれば充分でしょう。

パラダイムシフトが起こるとしたら、電子インク対応のkindle端末を買った時かなぁなどと思っていますが、現状、そこまでの希求力はありません。

買った四コマ漫画は「父派なわたしじゃいけません?」(渡辺圭佑)

ちなみに、今回購入した四コマ漫画が下記「父派なわたしじゃいけません?」(渡辺圭佑)です。

邪険な態度を装いつつ、実はお父さんが大好きな長女エリが、ひたすらかわいいお父さんに萌えまくるという四コマ漫画。

まんまるいお父さんがとにかくかわいいです。ただのお父さんスキーで終わらず、ゴールとして娘の結婚を予感させている点が好印象。家族や、学年が上がっていく子ども達をちゃんと描いている点も好きです。

偶然、1巻をブックオフで100円購入したのですが、これは当たりでした。(そして、2巻からkindle修羅道に)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ ↑他ミニマリストたちの生息地

最近書いた記事とか

他にも色々書いてます

 - kindle, , 電子書籍 , ,

反応・感想・リクエスト等お待ちしております。

Loading Facebook Comments ...

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)