物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

男性ミニマリスト系ブログ。部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる。断捨離・節約も。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

「バルス」の呪文は何故あんなに短いのか!?滅びの呪文の謎に迫る!!

      2017/12/04

    ミニマリスト的オススメ!世界最小の財布abrAsus (アブラサス)の驚異的な使い勝手を感想レビュー
    ミニマリスト志向の僕が、電子レンジと冷蔵庫を買い直したシンプルな理由。(と、多少のおすすめレビュー)
    快適すぎてヤバい!新幹線「はやぶさ」のグランクラスに乗ってみた感想を評価レビュー
    レコーディング者の苦悩を救う有線/bluetooth両対応ヘッドホン「MPBH059AB」の使用感がかなりいい話。
    東京⇔大阪で飛行機(LCC)を利用したので、新幹線と料金や所要時間を比較するのこと。
    一ヶ月経ったのでレビュー!新たな賃貸物件のその後は?
    やってみたら快適だった!コンビニでのクレカ決済が便利すぎる件について
    Twitter民向けニュースサイト「ニュートピ!」β版公開。今後を妄想してみた。

ページ: 1 2

 

先ほど、こんなまとめを読みました。

滅びの呪文「バルス」の考察が深すぎる – NAVER まとめ

今日は金曜ロードショーでラピュタを放送する日!以前の放送ではサーバーを落とす勢いだった「バルス」ですが、その「バルス」には謎がいっぱい。疑問と考察をまとめてみま…

matome.naver.jp

「天空の城ラピュタ」に登場する滅びの呪文「バルス」をめぐる謎についての考察まとめです。ただ、どうも読んでいてしっくりこない部分がありました。

なので、今日は、自分なりに滅びの呪文「バルス」を考察してみたいと思います。折しも今日は金曜日。twitter上では、まさに本日、恒例のバルス祭りが開催される模様ですし。タイミングとしては、ちょうどよいでしょう。

滅びの呪文「バルス」をめぐる謎とは何か

まずは、最初に謎の定義です。「天空の城ラピュタ」において「バルス」をめぐる謎は、大きく二つあります。

どうやってシータはパズーに滅びの呪文を伝えたのか

まずはこれです。

滅びの呪文は、唱えるだけでラピュタを崩壊させる、まさに「滅びの呪文」です。唱えるだけで滅びるなら、シータはどうやってパズーに呪文を教えたのでしょうか?

何故「バルス」の呪文はあんなに短いのか

ふたつめの謎がこれです。

滅びの呪文とは、ラピュタを崩壊させる最終兵器的な禁忌のコマンドです。にもかかわらず、何故あんなに短いのか。うっかり唱えて、ラピュタが崩壊しちゃったりしたらどうするのか。

順に見ていきましょう。

考察1 : どうやってシータはパズーに滅びの呪文を伝えたのか

口にするだけで崩壊を招く滅びの呪文。それをシータはどうパズーに伝えたのか。よく言われるのは「最初はバ、次がル…」などのように、呪文を区切って伝えたというものです。しかし、これはどうでしょうね? 個人的には、この線はないかなぁと思っています。

シータは一度呪文を誤作動している

何故なら、「天空の城ラピュタ」前半で、シータは一度呪文を誤作動させています。「我を助けよ、光よ甦れ」のアレです。この事実から、シータの呪文に対する取り扱い意識の低さが垣間見えます。

そんな人間が、とっさに「最初はバ、次がル…」なんて機転を利かすでしょうか。滅びの呪文は秘密の呪文であり、彼女はそれを誰かに教えたり伝えたりすることを基本的に想定していなかったはずです。

まあ、失敗から学んで今度は慎重になったともいえますが。実は、もっとクールな説明の仕方ができるのです。

飛行石を持っていたのはパズーだったから

これです。飛行石を持っていたのはパズーだったから。

先ほどのシータ呪文誤作動事件のトリガーは、明らかに飛行石です。彼女は、そして彼女の祖母?は、呪文を継承させるうえで何度となくこの呪文を唱えています。しかし、誤作動はおこっていません。

両者の違いは何でしょう。飛行石です。普段は暖炉の内側にしまってある飛行石は、あの瞬間、シータの胸にありました。

また、作中、ムスカは執拗にシータの飛行石を狙っていました。そして、シータから奪った飛行石を使って、名台詞「見ろ、人がゴミのようだ」「君のアホ面には心底うんざりさせられたよ」事件を引き起こしています。つまり、これらの現象を引き起こすトリガーとして、飛行石は不可欠だったのです。

【王族といえど、飛行石がなければ、ラピュタの力は発動しない】のです。

区切って伝えようが、伝えまいが、どの道滅びの呪文は発動しなかった

ひるがえって、ラストシーンを思い出してみましょう。玉座の間で飛行石を所持していたのは、パズーの方でした。つまり、シータが「バルス」と唱えようが区切って伝えようが、あの時あの瞬間においては、崩壊現象は起きなかったはずなのです。

ね。こっちの方が説として綺麗でしょう?

考察2 : 何故「バルス」の呪文はあんなに短いのか

さて、考察の二番目です。

究極の破壊呪文「バルス」。その危険性に反して、バルスの呪文は短すぎます。わずか三文字です。うっかり誤作動したらどうするつもりなのか。その辺のセーフティはどうなっていたのでしょうか?

これに対して、よく言われる定説は「崩壊させたいと念じながらでないと、発動しない。だから大丈夫なのだ」です。しかし、これはなんだかしっくりきません。

ここまで読み進めてきたかたは、上記の考察1で提示した情報をもとに、もうこの仮説の不自然さに気づいているかもしれません。そう、つまり、問題というのは――

実際に呪文は誤作動しうるものである

これです。実際にシータは呪文を誤作動させているのです。

もし、呪文詠唱者の明確な意志がなければ呪文が発動しないのであれば、あのシーン(「我を助けよ、光よ甦れ」でぴきゅりーんのシーン)での呪文誤作動は発生しえなかったはずです。

筆者は、バルスの呪文を発動させるのに、詠唱者の意志は無関係だと思っています。飛行石をめぐるラピュタの呪文は、そういった意志とは無関係な、もっと絶対的な単なる機能なのだと思います。まさしく科学です。

「天空の城ラピュタ」に登場する呪文は、決して不思議な魔法なのではなく、飛行石という媒介を通してとりおこなわれる超化学なのです。

仮に意志がトリガーになっていたとしても、安全性には疑問の余地がある

よしんば、あの時のシータが「ああ、誰か助けてくれないかな…」と心の中で思っていて、飛行石がその思念をキャッチしたのだとします。

しかし、少なくともシータはあの時明確に呪文を発動させようと思っていたわけではないでしょう。「ああ、誰か助けてくれないかな…」という気持ちは、非常にぼんやりとした、ごく素朴な彼女の願いだったはずです。

そんな曖昧な思念で呪文が発動しうるなら、やはりバルスの安全装置としてはいささか緩すぎます。「ああ学校行きたくない、ラピュタおっこちねえかなあ…」程度の軽い気持ちで発動してしまいそうです。セーフティとして充分とはいえません。

では、何があの短い呪文「バルス」の安全性を保障していたのでしょうか?

 

⇒2ページ目に続きます。

ページ: 1 2

 - レビュー, 雑記

反応・感想・リクエスト等お待ちしております。

Loading Facebook Comments ...
  1. しぃ より:

    >「ああ学校行きたくない、ラピュタおっこちねえかなあ…」

    大変(笑)

    とても納得しやすい仮説でしたー
    なるほどねぇ 面白いです

    声紋認証もついてたのかな(笑)

    呪文ってことは魔法なんでしょうかね・・・
    でも飛行石って自然物(鉱石?)ですよね
    そこに人工物の呪文ってどうやって組み合わさったのでしょう
    コンピュータみたいな機能を持っていたり
    魔法のような力があったり
    そんな不思議な石がわたしは欲しい(え

    • ないなり より:

      しぃさん

      声紋認証!ありえますね。
      もしかして、「王家の人間かどうか」は遺伝的な声の特徴とかで判別していたのかも…とか妄想が膨らみます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)