物を捨てきれないなりにミニマリスト目指す。

部屋や服や持ち物に気ままに最小限主義を取り入れる男性ミニマリスト系ブログ。断捨離の記事もそこそこ。あと、創作ヲタです。

最近の人気記事 | トータル人気記事

こうだったら買ってた!自分が考える理想のKindle Oasisを妄想してみる。

      2016/05/13

    結局どっちがお得なの?旧作漫画はkindleより自炊がいい2+1の理由
    windowsユーザ待望!縦書き対応アプリ「Kindle for PC」ついに登場
    「Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話」を読んだので、感想レビューがてら積み本問題を考える。
    電書派?紙派?kindleで四コマ漫画を買ってみたら意外によかった話
    kindle沼に疲れたら?セールとの上手なつきあいかた
    男性ミニマリスト志向者が贈る、今年買って「よくなかった」アイテム8選 (2017年版)
    色々なブログが生まれて色々なブログが消えていく。ポジティブに捉えつつ、ちょっと寂しい話。
    【2017.12.11追記】探しにくい?だから、まとめました!男性ミニマリスト系ブログ10選

 

Kindleのフラグシップ端末、Kindle Oasisが発表されました。

去年くらいから噂されていた新端末です。

今年の三月に、母にkindle voyageをプレゼントしたので、ちょっと時期を誤ったかなと一瞬思ったのですが、スペックを見る限り、微妙な感じでした。これなら、自分的には、voyage一択です。

また、こんなエントリを読みました。

たしかに同意です。自分も思いました。コレジャナイ感。

でも、筆者がkindleの電子インク端末に求める機能は多少異なっています。

というわけで、自分の理想のKindle Oasisについて語ってみたいと思います。

大容量オプションがあってほしい

まず、これです。

現行のkindle voyageの容量は3GB程度しかありません。実機を持っていませんが、paperwhiteも同様でしょう。公式のスペック表を見る限り、ストレージ欄の文言はどれも変わらないので、基本は一緒だと思われます。

30GBではなく、3GBです。

小指の爪ほどのmicroSDが32GBだったりする時代に、この容量は少なすぎます。漫画などを落としていると、結構すぐ容量が尽きてしまいます。機能自体は現行ママでもいいので、容量を変えられるオプションをつけてほしいです。

百歩ゆずって、今回のoasis付属のカバーが、容量拡張意図だったら、まだ歓迎できました。

ディスプレイサイズが10インチ弱程度になってほしい

次に、こちら。

電子インクは広い画面が苦手

現状発売されているkindleの電子インク端末は、全て6インチです。

これには技術的な問題が絡んでいます。電子インクは一瞬で画面を書き換える作業が苦手なのです。そのため、ディスプレイが広ければ広いほどもったりすることになります。

でも、そこをなんとかして、10インチ弱の端末を作ってほしい。8、9インチくらいでもいい。とにかくもう一回り大きい端末が切実にほしいです。

10インチ弱なら、漫画が見開きで読める

何故なら、6インチより一回り二回り大きいくらいのサイズなら、おそらく漫画が横画面モード(見開き)で読めるようになるからです。

現状の6インチでも読めないことはないのですが、かなり目が疲れます。筆者は目が悪いので、別途虫眼鏡がほしくなります。

カラー対応はそれほど期待していない

多分実現したとしても爆遅になる気がする

上記のように、電子インクには得手不得手があるので、筆者はカラー電子インクにはあまり期待していません。爆遅になるのが目に見えているからです。

目にやさしいカラー端末があれば、たしかに最強ですが。白黒一色の世界は、それはそれでシンプルで居心地がいいです。

表示速度の向上

これも電子インクの性質に絡む話です。

どうしても電子インク端末は表示に一瞬のラグが生じます。もうすっかり慣れてしまったので特に不満はないのですが、この表示速度が改善したとすれば、割とわくわくする気がします。

ブラックアウト間隔の改善

あと、ブラックアウトのタイミングです。

現状のkindleブラックアウト間隔は6ページ

電子インク端末は、何回も描画していると、画面に薄く前のページの痕跡(お化け)が残っていくので、数ページに一度画面をいったんリセット(ブラックアウト)させる仕様があります。

これがkindle voyageの場合、6ページに一回。

やっぱり慣れてしまったので、不満はないのですが、もしこの点が改善されて20ページに一回のブラックアウトなどになったら、かなりテンション上がる気がします。

(たしか、Kobo端末は15ページに一回ブラックアウトだったはずなので、20ページに一回は、それほど非現実的な数字ではありません)

まとめ

現状、kindle voyage一択

というわけで、つらつら妄想してみました。

冒頭に書いた通り、現状、自分が選ぶとすれば、kindle voyage一択かなと思います。

コスパ的には、paperwhiteなのかもしれませんが、やはりページ送りボタンの存在は大きいです。これに慣れると、タッチスクリーンのみのpaperwhiteを選ぶ気にはなれません。安物買いは後悔のもとですしね。

今年のGWは、帰省した実家で、母とkindle談義をするのが楽しみでなりません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ ↑他ミニマリストたちの生息地

最近書いた記事とか

他にも色々書いてます

 - kindle, ガジェット(スマホ・PC), ミニマリスト, , 電子書籍

反応・感想・リクエスト等お待ちしております。

Loading Facebook Comments ...

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)